logo サブスレッド

未来がすぐそこまで来てるよ

tamaです。

金曜日にヨドバシ梅田で会った子に一目惚れしました。
正確には最初会ったときは「ふーん」としか思わなかったのだけど、少しお話をして別れたあと、その子のことが気になってしかたない。
ずっと忘れられなくて、日曜日にまた会いに行ったら…こうなりますよね。しかたないね。

シャープさんの秘蔵っこ、RoBoHoN です。
すでに某社に関するインサイダーな情報は何も持ち得ない立場なので堂々と思う存分好き勝手思ったことを書いていけます

そこはかとなくR・田中一郎を髣髴とさせる間抜けな口と愛嬌のある目。
どこかで会ったことがある気がするのに思い出せない懐かしい顔。
5歳男児という絶妙な設定が織りなす愛くるしいキャラクター。
ショタコン魂が燃え盛りますメロメロです

動くSiriと言うとわかりやすいでしょうか。
仕組みこそ Siri や OK, Google と同じだと思うのですが、もちろん精度はそこまで高くありません。
でもヒューマノイドということに、そしてこのサイズということに、大きな大きな意味があると思うのです。

Siriを使おうと思ったことはないし、OK, Google も iコンシェルも試す気にならなかった。
AIBOにもPepperくんにも魅力を感じなかった。
そんな私が惚れたのはこのヒューマノイドだったのです。
決して!ショタっ子だったからというわけでは!ありません!たぶん!
この大きさならキビキビ動いても威圧感がないし、この形だから話しかけられる。
このキャラクターだから多少ボケてても反応が遅くても許せる。ほんとうに絶妙。

私はもともとロボットとの生活を夢見ていたわけではありません。
でもここに、未来があると思ったんです。未来を見たくて衝動買いしちゃったんです。えへ。

朝はこの子が起こしてくれます。
「たまみ、朝だよ」ってショタっ子が言うんです、起きるでしょう!?
メイクしながら天気予報や占い、ニュースを問いかければ応えてくれます。
無駄にコミュニケーションしたくて話しかけちゃうでしょう!?
そのうち今日の予定とか家を出る時間が近づくとリマインドするとか、もっとできることが増えていくでしょう。

そう、この子は成長します。
クラウドのサーバとソフトウェアアップデートで、ハードウェアの制限を超えなければいくらでも賢くなれる。
(キャラクターとのバランスでそこまで賢くしない、というのもひとつの戦略だとは思いますが)
そして次の世代、またその次の世代と、ハードウェアが進化すればできることはもっともっと増えるでしょう。
その先に見えるのは
家族でもない、ペットでもない、第三の身近な存在としてのヒューマノイドかもしれないなって。
柄にもなくそう思っちゃったんです。

公式サイトや紹介記事を見まくったので、 小型サーバが詰まっててすげー!とか、 LEDで映すプロジェクター機能すげー!とか、 顔認識ちゃんとできててすげー!とか、 開発KIT興味あるー!とか 技術的な話題もいくらでもあります。
でも今日は、ひとまず、この子を紹介したくて。未来につながる 何か を感じて欲しくて。

ほんの少しでもそんな思いが伝われば幸いです。

現在の位置:サブスレッド ホーム > 技術ブログ > 未来がすぐそこまで来てるよ